ライチの部屋

父と娘3人の父子家庭、父の日記

腰痛で悩む人へ(マットレスを高反発に替えた結果の報告)

こんばんは 黒猫ライチです

お元気ですか♪

 

1カ月前に穴が開いてボロボロだったマットレスと古くて重いベッドを変えた結果を報告したいと思います。

このマットレスで長時間寝ると腰が痛くなりました。

 

 

 

 

私は一時期、建築関係の仕事をしていた事があります。その時に2階の屋根から転落して、腰は脊椎を支える軟骨が潰れてしまって回復の見込みはなし、椎間板(ついかんばん)ヘルニアになりました。
椎間板ヘルニアで悩んでいる人が多いと思うので参考になれば。

マットレスの選び方

スプリングの入っているモノ、ノンスプリングマットレス、素材の選定や組み合わせ方によって反発性や保温性、通気性などを調整できる、各社各商品様々に工夫が凝らされており多種多様です。
また、ノンスプリング式のマットレスはスプリング式のモノと比べて薄いのが特徴、折りたたみ式や薄型のマットレスにはノンスプリング式のマットレスが多いです。

 

マットレスの種類

  • スプリング式マットレスのコイルは、ポケットコイルとボンネルコイルの2種類に分けられます。
  1. ポケットコイルマットレスは、コイルが1個づつ袋に入れられいて、独立したコイルが数百から千以上の数詰められています。体の線に沿って点で沈むため、自然な姿勢で寝ることができます。
    ボンネルコイルと比較すると、振動が伝わりにくので揺れにくいです。
  2. ボンネルコイルマットレスのコイルは全体が連結しています。1つ1つが独立しているポケットコイルとは異なり、面で体を支えます。安価で耐久性がありますが、肩や腰に負担がかかりやすい、寝返りをうった時に、振動が伝わりやすいので揺れます。
  3. ノンコイルマットレスは、マットレス内にコイルは入っていません。中には綿やウレタンなどの素材が詰められています。コイル式のマットレスと比較すると通気性が悪く湿気がたまりやすい。ただし軽いので持ち運びが楽です。

マットレスの硬さ

  • 低反発: 痩せ型の体系の人
  • レギラー: 中肉中背普通体型の人  
  • 高反発:筋肉質、体重の思い人

 

私が買ったマットレスとベッド

選定基準

  1. 予算が30,000円以内
  2. 掃除や移動がしやすいモノ(ノンスプリングマットレス)
  3. 買い替えの時に捨てやすいモノ
    • 折りたたみすのこベッド・11,019円
    • 収納しやすい硬質マットレス(シングル)・3,695円

ニトリにて購入14、714円しました。マットレスがベッドからはみ出ていますが・・ノープロブレム

f:id:raichino:20181107225547j:plain

 

1ヶ月使用した結果

長時間寝ても腰が痛くなりません、朝が快適になりました。
ただし、ベッドですが体重の思い方はもう少し丈夫なベッドを選んでください。時々「ギシ」って音がするので、ちょっと不安かも^^;

 

ではまた(@^^)/~~~