ライチの部屋

父と娘3人の父子家庭、父の日記

腰痛で悩む人へ(コルセットをオーダーメイドしてもらいました。)

こんばんは 黒猫ライチです
お元気ですか♪

f:id:raichino:20181223032528j:plain

 

ぎっくり腰から、1週間が経ち経過は順調です。

オーダーメイドしたコルセットが完成したとの連絡を受けて、商品の引き取りとコルセットの巻き方・洗い方の指導を受けてきました。

 

 

 

義肢装具士

病気や事故にによって手足を失ってしまった人の、義手や義足を提供したり、身体機能が低下した人に対して、その機能を補強するための装具を作成して提供する仕事。
義肢や装具は身体の一部となるため、医療知識を持った上で制作が必要なため、身体構造・疾患・病気等に関する知識も活用しなければならない仕事です。

 

 

コルセットのオーダーメイド

ぎっくり腰の治療をしている時に、たまたま義肢装具士の方が居たので、コルセットをオーダーメイドしてもらうことにしました

  • 腰骨とへその位置確認されて、患部(みぞおち辺りからお尻・足の付け根の部位)を触診して、ラップを巻かれ
  • ギプス包帯(包帯に石膏付着している)をぬるま湯に浸して、患部巻いて乾くのを待ち
  • へその位置や腰骨の突起部分にペンのようなモノでマーキング
  • 乾いたギプス包帯を切り開いて抜き取られました
 

 

医療費の自己負担を少なくするため

コルセットの値段は26,140円で高価な品物ですが、装具の領収書と医師の証明があれば、医療費の自己負担分(1~3割)を除く、(7~9割)を全国健康保険協会に請求する事ができます
※公的医療保険にはいくつか種類があります。国民健康保険・船員保険等それぞれ保証内容が違うので事前に確認が必要です。

 

26,140円は義肢装具士に支払いとなりますが、全国健康保険協会に申請するれば、各年齢に応じた金額を請求できるそうです。

年齢 自己負担割合
未就学児 2割
小学校入学~70歳未満 3割
70歳以上75歳未満 2割
75歳以上 1割

 ※70歳以上の方は収入に応じて負担割合が3割なる人も居ます。

f:id:raichino:20181223065256j:plain

コルセットの領収書

f:id:raichino:20181223065405j:plain

医師の証明

f:id:raichino:20181223065228j:plain

f:id:raichino:20181223065143j:plain

 

私の場合ほぼタダでコルセットを作ることができました。
全国健康保険協会に7割の18,300円請求
自己負担分3割7,840円⇒父子家庭の為、自己負担分を自治体に請求

 

 快適に暮らすために

腰痛以外にも膝や肘の痛みで悩んでいる方もおられると思います。運動やマッサージをすることはもちろん大切ですが、加齢で身体の機能が低下するのは仕方のないことです、快適に暮らすためにちゃんとした装具や義肢を作ってみては。

 

 

腰痛でお悩みの方こちらの記事も御覧ください

www.raichidiary.com

ではまた(@^^)/~~~