ライチの部屋

父と娘3人の父子家庭、父の日記

釣り糸

こんばんは 黒猫ライチです。

お元気ですか♪

 

f:id:raichino:20181018002655j:plain

今日の富山県は秋晴れの良い天気でした。先週と同じくカマスを釣りに行ったのですが釣りにならなっかた。5投目でリールの糸が切れて針と錘は海の底に沈んでしまいました。仕切り直してもう一度投げたのですがまたまた糸が切れて海の底に⤵

リールに巻いてある糸を見るとかなり傷んでいました。今日は諦めて他の人の釣りを見学して帰ってきました。同じポイントで釣りをしていた人が私を含めて8人、5:00~7:00の2時間で釣れたのが2匹で釣果はかなり渋いです。

毎年この時期になるとサヨリも釣れるのですが今年はサヨリが全くいない、猛暑で水温が高かったせいかもしれないですね。

 

 

釣果はさておきリールの糸を買い替えないと釣りになりません。PEラインを巻くとなると高価です。

現在私のリールにはフロロカーボンの糸が巻いてあります、飛距離がもう少し欲しいのでPEラインにするか迷っています。

 

釣りをされない方や初心者にはサッパリだろーなーと思います。少し釣り糸について簡単に説明します。

釣り糸は種類によってそれぞれ特徴があります。それぞれ短所と長所があり釣り場の状況や狙う魚、使うルアーによって使い分けが必要になります。

 

釣り糸は大きく分けるとナイロン・フロロカーボン・PEラインの3種類

 

ナイロン

ナイロンラインは他の釣り糸と比べて価格が安くトラブルが少ないので初心者向きの釣り糸になります。

・やわらかい・しなやか・伸びやすい・吸水性が高い

・リールへの馴染みも良いので使いやすい

・紫外線に弱く水分を吸収しやすいので劣化しやすい

・伸縮性が高いので魚のアタリが分かりにくい

 

フロロカーボン

フロロカーボンはナイロンよりもやや高価

・硬いラインなので巻きグセが強く、折れ目(キンク)が付きやすい

・比重は重く水によく沈みます。底にいる魚を狙う時には使いやすい

・吸水性はほとんどなく、紫外線にも強いので劣化しにくい

・ナイロンに比べて伸びないので、魚のアタリがわかりやすい

・摩擦にも強いので根ずれにも強い

 

PEライン(ポリエチレンラインの略称)

PEラインは釣り糸の中では一番高い糸になります。また強度も1番強いので値段を気にしないらこの糸がおすすめです。

・編み込みの糸なので非常にやわらかく、しなやか

・強度はナイロン・フロロカーボンの3~4倍

・非常に伸びにくく軽い

・比重は水より軽いので水に馴染みにくい

・摩擦に弱く根ずれですぐに切れてしまします。

・軽いので風に流されやすい、向かい風を受けると絡みやすい

・他の糸と比較して細い糸を使うので飛距離が格段に伸びる

 

PEラインとカマスの仕掛け併せて10,000円くらいの出費は痛いです(´;ω;`)ウゥゥ

 

ではまた(@^^)/~~~