ライチの部屋

父と娘3人の父子家庭、父の日記

クレジットを作る前に信用情報開示の方法と3つの機関

こんばんは 黒猫ライチです。
お元気ですか♪

 

 

【ブログサイトを立ち上げて2カ月】で独自ドメインを取得して、DNSの設定にクレジットカード決済が必要な為に信用調査をしました。

 

 

信用情報とは

信用情報とは、信用情報機関に登録された、個人の信用取引の客観的な取引事実です。

なぜ、その様な情報を収集し登録している理由は、クレジットやローンに関する法律(割賦販売法・貸金業法)では、クレジット会社等は信用情報を参考にして審査をすることが義務づけされているからです。

なぜ、自分の情報が登録されるのかというと、クレジットやローンの契約の際に、信用情報の登録に同意しているからです。

 

信用情報の開示方法

個人信用情報機関には、CIC・JICC・JBAの3社があり、それぞれ開示手続きの方法が違いますので説明します。

CIC(クレジット信販系)

4通りで開示が可能です。
パソコンやスマートフォンを使用した開示は8:00~21:45までクレジットの決済(1,000円)が必要になります。
郵送の場合は本人確認書類と手数料として1,000円分の定額小為替証書が必要になります。
窓口開示は10:00~12:00と13:00~16:00で本人確認書類と手数料500円が必要になります。

JICC(消費者金融系)

3通りで開示が可能です。
 スマートフォンを利用した開示は24時間365日対応で手数料1,000円の支払い方法は下記の通りです。(※ペイジー対応に限ります)
  1. クレジットカード(1回払いのみ)でのお支払い
  2. コンビニエンスストアでのお支払い※
  3. 金融機関(銀行、信用金庫等)のATMでのお支払い※
  4. オンラインバンキングからのお支払い
郵送の場合は本人確認書類と手数料として1,000円分の定額小為替証書が必要になります。
窓口開示は10:00~16:00で本人確認書類と手数料500円が必要になります。
 

JBA(日本信用情報機構銀行系)

全国銀行個人信用情報センターの信用情報の開示請求方法は、郵送のみです。
信用情報開示申請書(公式サイトからダウンロード)と本人確認書類と手数料として1,000円分の定額小為替証書が必要になります。
 

定額小為替証書

ゆうちょ銀行のサービスの1つで決済や送金が出来ます。読み方は(テイガクコガワセショウショ)と読みます。

50円~1,000円の12種類があり、それを組み合わせて少額の額を送金したい時に利用します。ゆうちょ銀行又は郵便局の貯金の窓口で定額小為替証書を換金することができます。

 

私はCICで信用情報開示をしました。結果はホワイトでクレジットの履歴がないようでした。

 

 

ではまた(@^^)/~~~