ライチの部屋

父と娘3人の父子家庭、父の日記

健康な大便をしていますか、腸内環境を整えよう

こんばんは 黒猫ライチです。
お元気ですか♪

 

f:id:raichino:20181202214549p:plain

昨日は勉強会に行ってきました、腸内環境を整えようって事でサプリメントの講習会です。
サプリメントの効果を宣伝しないって事で、社長さんの許可を得て記事を書きます。
講演は素晴らしかったです。せっかく勉強してきたので、私なりにアウトプットしてみようと思います。

 

日本人の便の量が減っている

1950年頃の日本人の出す便の量は平均450gだったそうです。
現在、日本人の出す便は平均150gだそうです。

原因の1つとして、1950年頃の食物繊維の摂取量が27gで、現在は12gに減ったことも原因の1つだと考えられています。

 

便の成分

私達が食べた物は胃で溶かされて、腸で吸収されて、最後に便として出てきます。

成分の半分以上が水分です。乾燥させて細かく砕いて顕微鏡で観察すると、便には、栄養素が吸収された後のカスだけではなく、消化液、粘液や粘膜などの消化管から出てきたもの、古くなって腸壁からはがれ落ちた細胞、不要なミネラル、そして腸内細菌が含まれています。

もちろん消化吸収の過程で残った食物繊維等が主成分ですが、大腸内の古くて剥がれ落ちた細胞や腸内細菌が多く含まれています。

 

腸の働き

腸は食物の消化や吸収、排泄をするために欠かせない臓器です。

それ以外に腸にはもっと大切な働きがあります。乳酸菌や大腸菌が100種類以上存在し、人間の体内では作れないビタミンやタンパク質を吸収します。

ガン細胞を攻撃する、白血球の70%が大腸の中に存在するそうです。他にも血小板の元となるビタミンKも腸の働きにより吸収されて作られるそうです。

 

腸内環境

腸の中には100種類以上、100兆個の腸内細菌が生息していると言われています。
腸内細菌は大きく分けて3種類、わかり易くいうと下記の通りです。

    • 良い子・・・・善玉菌
    • 悪い子・・・・悪玉菌
    • 普通の子・・・日和見菌

 

腸内が健康な状態は日和見菌が一番多く、次いで善玉菌、悪玉菌が少数の状態だといわれています。のバランスが崩れて悪玉菌が多くなると深刻な病気を引き起こす原因になるそです。

 

腸内環境を整えるには

乳酸菌の多く含まれるヨーグルトやサプリメントを多く摂ることも、大切なのですが、食物繊維を摂ることが必要だそうです。
特に食物繊維は腸内細菌のエサとなるので多く取りましょう。

1950年と現在では食物繊維の摂取量が約半分になり、食生活も野菜中心の生活から肉中心の食生活に変化し、スナック菓子やインスタントラーメン等を食べる機会が多くなりました

皆さんも食生活を考え直してみたらどうでしょう。

 

ではまた(@^^)/~~~